疲れた体を癒してくれる慶良間ダイビングスポット

おすすめの慶良間ダイビングスポットで癒されよう。 - たまにはゆったりとした海を見たい、白い砂浜が光る慶良間のダイビングスポット

たまにはゆったりとした海を見たい、白い砂浜が光る慶良間のダイビングスポット

潮の流れが速いポイントで潜っていると、穏やかな海で疲れた身体を癒したいものです。慶良間の魅力として、浅瀬でも白い砂浜が広がるダイビングポイントは複数点在します。
次のアクティビティに生かすためにも、砂浜やサンゴ礁でゆったりと泳ぐのは大切です。

コントラストが美しいアラリ

渡嘉敷島の東部にあるアラリ。伊豆にある安良里に似ていることからアラリとカタカナで呼ばれています。真っ白な砂浜に、根が広がって岩肌にはウミウシなど鑑賞することができます。
アンカーダイビングで潜ることができ、水深も20メートルと泳ぎやすいエリアとなっています。夏場はマダラトビエイが見ることができ、ウミガメも鑑賞できます。
真っ白な砂浜とサンゴ礁のコントラストが美しいのが特徴です。

まるで楽園の海、パライソ

rthsrhrshsrt
パライソはスペイン語で「楽園」のことを指します。
まるで、楽園のような海がダイビングをすると目の前に広がります。
砂地を泳ぐと、ガーデンイールと遭遇することができます。
ダイビングポイントは慶良間の東にある前島にあります。最大30メートルの水深なので、エントリーの方法はアンカーでもドリフトでも可能です。

白い砂が果てしなく広がるシュガーヒル

チービシ環礁にあるシュガーヒルは、真っ白な砂が潮の流れによって作られたことから、その名前がつきました。
辺り一面に白い砂が広がるので、太陽の光が反射して明るく透き通って見えます。自然で作られたスポットだからこそ、リラックスした状態でダイビングを楽しむことができるでしょう。

自然の恵みに癒されて…

慶良間の魅力は透き通る海ですが、自然の恵みはさらに疲れた身体を癒すかのように、美しい海を演出してくれます。
白い砂浜が広がる海は、ダイビングで泳いでも鑑賞できる素敵なスポットがまだまだ隠れているので、興味があれば自分だけのスポットを探してみてはいかがでしょうか。
座間味島の南西に位置する阿嘉島。慶良間の中でも三番目に大きい島で、ダイバーの中でも潜る方は多いです。
見どころは漁礁があるスポットやウミガメやマンタなど大物との遭遇率が高いとこでしょう。複雑な地形を楽しめるなども、地形派ダイバーにとっては頻繁に行く機会もあると思います。

山あり谷ありな複雑な地形を楽しめる佐久原

四角いコンクリートが山積みにされた人口漁礁。その中には、ツバメウオなどが出迎えてくれます。そんな佐久原は、阿嘉島の南部にスポットがあります。
正確なスポットの佐久原は漁礁よりも少し離れたスポットで、運がよいときには回遊魚などにも出会うことができます。漁礁のスポットも近いので、大型から小型の魚まで鑑賞を楽しむことができるでしょう。
また、佐久原はドロップオフがあり、谷間には歴史的なものが見られます。まさに、山あり谷ありの地形を楽しめるスポットですので、アクティビティと鑑賞したい方にはおすすめです。

マクロ系を楽しむならタートルベイ

trhtrsh
常に穏やかなスポットで、キンメモドキやノコゴリダイなど小さい魚を鑑賞することができます。最初のダイビングの疲労を癒すにも絶好のポイントではないでしょうか。
タートルベイは、阿嘉島の西部にスポットトがあります。
例えば、佐久原でダイブした後にタートルベイなどに行くことによって、気分も違うかもしれません。スポットも近く、移動も便利です。

大物狙いなら儀名

マンタが回遊してくることでも人気の儀名。ウミガメとも高確率で出会えることができます。それだけでなく、デバスズメの群れは鑑賞にも楽しめるでしょう。
ウミガメやマンタなど大物を狙うのでしたら、儀名に潜るのも選択の一つです。

阿嘉島周辺だけでも満喫できる

地形派からカメラ派まで楽しめる阿嘉島。自身の目的に小さな島でも達成することができます。初心者のダイバーでもタートルベイと儀名なら18メートルと浅いので、フィッシュウオッチングが可能です。また、佐久原なら漁礁付近は35メートルなので、潜降してみることで新たなスポットも見つけることもできるかもしれません。